【子供に人気レシピ】カレー味の鶏肉唐揚げはしっかり下味でスパイシー!

カレー味の唐揚げ
カレー味のパンチの効いた、スパイシーだけど食べやすい味付けの唐揚げです。

唐揚げの味付けって種類が豊富ですよね。塩唐揚げや、オーソドックスな生姜やとにんにくの下味をつけたもの、甘辛味のもの等。どれも大概は失敗のないものですが(そもそも唐揚げって基本的に失敗はない気がしますが)、今回ご紹介する唐揚げはカレー味のスパイシー抜群!なものです。

子供も大人もカレー味って好きですよね!夕食にも、お弁当おかずにも喜ばれる唐揚げなので、今回のカレー味も喜ばれること間違いなし!!

スパイシー☆カレー味の唐揚げ

カレー味の唐揚げ

材料(3~4人分)


鶏もも肉orむね肉 / 2枚
★卵 / 1個
★生姜(すりおろし) / 1片
★にんにく(すりおろし) / 1片
★醤油 / 大さじ1
◇片栗粉 / 適量
◇カレー粉 / 大さじ1・1/2
◇ベーキングパウダー / 小さじ1強
揚げ油 / 適量
(お好みで)レモン汁 / 少々

[post_ads]

作り方


  1. 鶏肉を一口大に切り、ビニール袋に入れ、★の調味料で下味をつけておきます。我が家では半日くらい冷蔵庫で下味をつけておきます。
    別のビニール袋に◇を作り、下味した鶏肉を移し替えて、ビニールの口をしっかり持ってシャカシャカ振り、まんべんなく粉類を鶏肉にまぶします。




  2. 熱した揚げ油に鶏肉を入れ、こんがり揚げます。




  3. そのままでも味がついているので美味しいですが、レモン汁をかけると更に美味しいです。


  • [message]
    • ##info-circle## コツ
      • ・下味を浸けこむ時間はあまり短すぎるとしっかりと味がお肉に染み込まないので、短くても1時間程度は必要です。

        ・お肉に火を通す時、たっぷりの油でももちろんいいのですが、少なめの油で揚げ焼きにしても大丈夫ですよ。



コメント

  • 下味がしっかりとついているのでとてもスパイシー!お弁当のおかずにもどうぞ。


生姜&にんにく味の唐揚げも美味しいですが、カレー粉を衣に混ぜて作る唐揚げもこれまた美味(笑)当初は下味にカレー粉を混ぜていましたが、ダマになって部分的についたり、粉がついてなかったりしたので、衣にカレー粉を混ぜてみたら大成功!!


もともと下味もしっかりついている唐揚げに更にカレー粉を衣に加えて作れば結構パンチ★のある仕上がりになります。やや多めに作ってお弁当おかずやおつまみにもおススメですよ。
衣と言えば、ベーキングパウダーも加えてあります。ベーキングパウダーを加えるとカリッと仕上がって歯応えのよい衣に仕上がるんですよ。

唐揚げのお肉って、ご家庭でむね肉だったり、もも肉だったりしますが、我が家はむね肉を使用。もも肉のあのムチムチした食感は本当に美味しいんですが、なぜか(いつの間にやら)我が家の唐揚げはむね肉(笑)何でだろう???




ちょっと知識!



今回ご紹介したレシピで使用した「カレー粉」ですが、カレーはインドで生まれたものだというのは多くの方がご存知だと思います。
そのカレーがどうやって日本に伝えられたのかご存知でしょうか?

まずはカレーの歴史からご紹介したいと思います。
今から約400年以上前、インドからイギリス人が本国にスパイスを持ち帰り、自分たちの好みにしたものが、私たちにもおなじみのカレーパウダーになりました。
※「カレー(curry)」は英語で、もともとは南インドのタミール語のいろいろなスパイスの入ったソース「カリ」ということばからきています。


19世紀のはじめ、カレーにとっての最大の発明が生まれます。
それが「カレーパウダー」です。イギリスのC&B社が当時人気だったカレー料理を家庭でも作れるようにと、「カレーパウダー」と名づけて広く売り出しました。

1870年(明治3年)日本最初の物理学者となる山川健次郎が米国留学に向かう船上でカレーに出合います。
ちょうど同じ頃、「C&Bカレーパウダー」は日本にも伝えらてきます。ここから日本のカレー文化が生まれていきます 。


その後、明治5年にはカレーの作り方を紹介した料理書『西洋料理通』が発売され、そのカレーには牛肉を使っていたことも関係して(牛は文明開化の象徴とも言われています)日本人に普及していきました。


明治26年、雑誌に即席カレーの作り方が紹介されました。ただ、この頃のカレーには和風だしなどを使っていたと記述があるため、今私たちが食べているものとはちょっと印象が違いますね。


そしてついに明治36年、大阪の薬種問屋「今村弥」という方が日本初のカレー粉を作りました!!それまでは輸入品のカレー粉を使用していたので、この時は初めての国産カレー粉が誕生ということになります。

その後、手軽に作れるカレーとしてカレーが全国に普及していき、明治の終わりごろには「じゃがいも、玉ねぎ、人参」がカレー食材として定着していったそうです。

参考:ハウス食品株式会社「カレーの日本史」

コメント

名前

(主菜)牛肉,2,(主菜)魚・はんぺん,14,(主菜)鶏肉,14,(主菜)豆腐・おから・大豆,18,(主菜)豚肉,9,(副菜)おつまみ・小さなおかず,63,オーブントースター調理,55,おすすめ,8,おでかけ,55,お菓子,70,お知らせ,4,カイ君,58,ご飯もの,22,スープ&ジュース,6,その他のレシピ,31,パン,19,ひき肉,11,ブログ作りの知恵袋,2,徒然日記,21,暮らしのコラム,3,麺類,22,
ltr
item
銀木食堂のごはん日記: 【子供に人気レシピ】カレー味の鶏肉唐揚げはしっかり下味でスパイシー!
【子供に人気レシピ】カレー味の鶏肉唐揚げはしっかり下味でスパイシー!
スパイシーでパンチのあるカレー味の唐揚げです。夕食のおかずにも、お弁当のおかずにもおつまみにもおススメの美味しい一品です。
https://4.bp.blogspot.com/-QzC5It6lh6w/WU-v5XF0xKI/AAAAAAAAEJo/UAKO6HAcdOAubOVk2f1gmLcNtv5PSanmQCLcBGAs/s640/%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2591%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25BC%25E2%2598%2586%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E5%2591%25B3%25E3%2581%25AE%25E5%2594%2590%25E6%258F%259A%25E3%2581%2592.jpg
https://4.bp.blogspot.com/-QzC5It6lh6w/WU-v5XF0xKI/AAAAAAAAEJo/UAKO6HAcdOAubOVk2f1gmLcNtv5PSanmQCLcBGAs/s72-c/%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2591%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25BC%25E2%2598%2586%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E5%2591%25B3%25E3%2581%25AE%25E5%2594%2590%25E6%258F%259A%25E3%2581%2592.jpg
銀木食堂のごはん日記
https://www.ginmoku.com/2017/06/silver-tree-34-or-functionisogramigoogl.html
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/2017/06/silver-tree-34-or-functionisogramigoogl.html
true
3305132313241742419
UTF-8
全ての投稿がロードされました 記事が見つかりませんでした 全てを見る もっと読む 返信 返信をキャンセル 削除 By ホーム ページ 投稿 全てを見る あなたにおすすめ ラベル アーカイブ SEARCH 全ての投稿 お探しの記事は見つかりませんでした ホームに戻る Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago フォロワー フォロー THIS PREMIUM CONTENT IS LOCKED STEP 1: Share. STEP 2: Click the link you shared to unlock コードを全てコピー 全てのコードを選択 全てのコードはクリップボードにコピーされました Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy