マシュマロチョコ入りが実はホワイトデーの本命へのお返しに最適!

マシュマロのお菓子
マシュマロをホワイトデーのお返しにすると「あなたが嫌い」というふうに受け取られてしまうと聞いたことがあるかと思いますが、実はこれ、とんでもない誤解なんですよ!詳しいことは記事内でご紹介していますが、マシュマロにチョコ入りという組み合わせはホワイトデーのお返しに大本命への最高の贈り物といってもいいくらい、最適な食べ物なんです!

今回ご紹介するレシピはホワイトデーのお返しにも、もちろんバレンタインギフトにも難しくなく簡単にできて、しかも低コストに沢山できる、見た目もちょっとキュートな仕上がりになる簡単お菓子レシピをご紹介します。

いままでお菓子作りなんてしたことがない!という方も、このレシピではマシュマロの一部分に温めて溶かしたチョコレートを軽く浸して乾かすだけなのでコツ要らずです!チョコレートの色を変えるだけで見た目が鮮やかになるのでシンプルながらも見栄えがあるので多めに作ってちょっと可愛らしい箱に詰め込むとこれだけで立派な贈りもになりますよ。

材料もスーパーに行けば500円くらいで全部手に入る程度なので是非是非、普段のおやつだけでなく、ギフトにもどうぞ!

簡単に大量に作れる!プチ★マシュマロギフト


材料(6人分)


マシュマロ / 110g
板ミルクチョコ / 1枚(60g)
板ホワイトチョコ / 1枚(60g)
イチゴミルクチョコ / 60g

[post_ads]

作り方


手順 1

ホワイトチョコを細かく刻み、湯煎にかけて溶かします。

手順 2

溶かしたら、マシュマロの半分をコーティングし、クッキングシートの上で固まるまで立てて置いておきます。

手順 3

続いてはイチゴミルクチョコです。
同様に、湯煎にかけて溶かします。
クッキングシートの上に立てて置いて固めます。


手順 4

続いてはミルクチョコです。
同様に、湯煎にかけて溶かします。
クッキングシートの上に立てて置いて固めます。


  • [message]
    • ##info-circle## コツ
      • ・コーティングするチョコは、ホワイトチョコから。

        ・コーティングするチョコは、気持ち少し厚くした方が口にいれた瞬間、チョコのカリッ!そしてマシュマロのフワッと感が楽しめますよ。只し、厚くし過ぎると固まった時にヒビが入るので気を付けてくださいね。


コメント

  • マシュマロをチョコでコーティングしたプチギフトにもオススメのお菓子です。
  • とても簡単に作れるのでバレンタインのばらまきチョコにもおすすめです!


「アレンジ」
チョコペンをお湯に浸して柔らかくし、マシュマロの一ヶ所へつけ、チョコが固まる前にアラザンやコーヒービートをのせると鮮やかに!


このレシピは以前登録していた楽天レシピの「ホワイトデーおすすめレシピ」という特集でご紹介をしていただいたものです。

ホワイトデー』というと、バレンタインみたいな華やかさに少々欠けてしまいがちなイメージ(って思うのは私の偏見?(汗))ですが、バレンタインでいただいたお返しに手作りのお菓子で渡すのもとても素敵!
むしろ、手作りのお返しってかなり好感度アップだと思うんですよね。
嬉しいものですよ。
で、こちらのマシュマロレシピはホント、簡単なのに見た目可愛らしくできます!

マシュマロのサイズについては、市販されているものでは色々あって悩みますが、大粒サイズのものなら取り扱うのも便利ですよね。たまに丸いマシュマロも見かけますが、チョコレートをつけるのがちょっと大変そうなので、オーソドックスな形で大粒が便利です。

ラッピングは100円ショップのもので十分!今は本当に素敵なものが多いですよね。バレンタインシーズンやホワイトデーシーズンには特に特設コーナーが設けられてて色々目移りしてしまいます。ホワイトデーシーズンには少々品数が減ってしまうこともあるので、バレンタインシーズンの2月上旬が特に一番品数が多いので買っておくといいかもしれませんね!

ちょっと知識!

ホワイトデーのお返しと言えば真っ先に思いつくのが「マシュマロ」かと思いますが、どうしてバレンタイン(チョコレート)のお返しにマシュマロを返すようになったかはご存知でしょうか。?

諸説あるようですが、発端は老舗のお菓子屋さんがチョコレート入りのマシュマロを作り「君がくれたチョコレートを、僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」と言ったフレーズで売り出したのがきっかけです。


なぜチョコレートを包むのにマシュマロを使ったのか気になりますよね?実は、当時のアンケートで、「お返しに何が欲しいか?」という問いに「マシュマロ」と多くの女性が答えていたからだと言われています。

ちなみに、ホワイトデーのホワイトはマシュマロの白が語源とも言われています。後付けだったんですね(苦笑)


 こういう流れからホワイトデーのお返しにはマシュマロが普及していったものの、現在ではマシュマロをお返しすると「君が嫌い」という意味に受け取られるケースもあるようなので要注意ですね。
ちなみに、「キャンディーはあなたが好き」、「クッキーはあなたとは友達」というメッセージがあると言われています。


でも、誠意でホワイトデーにマシュマロをいただけるととても嬉しいですよね!

コメント

名前

(主菜)牛肉,2,(主菜)魚・はんぺん,14,(主菜)鶏肉,14,(主菜)豆腐・おから・大豆,18,(主菜)豚肉,9,(副菜)おつまみ・小さなおかず,63,オーブントースター調理,55,おすすめ,9,おでかけ,55,お菓子,71,お知らせ,4,カイ君,58,ご飯もの,22,スープ&ジュース,6,その他のレシピ,31,パン,19,ひき肉,11,ブログ作りの知恵袋,2,徒然日記,21,暮らしのコラム,3,麺類,22,
ltr
item
銀木食堂のごはん日記: マシュマロチョコ入りが実はホワイトデーの本命へのお返しに最適!
マシュマロチョコ入りが実はホワイトデーの本命へのお返しに最適!
マシュマロにチョコのホワイトデー向きの簡単お菓子レシピです。バレンタインデーのお返しにマシュマロがダメだというのは誤解! はじめてお菓子を作る方も失敗なく大量生産できますよ。
https://2.bp.blogspot.com/-6Uy9-KCaLX4/WzWvAYoTvTI/AAAAAAAAMwo/t51Bu3nTuMcdLa0Ox-GG4SR3NG8LpJN5ACLcBGAs/s640/%25E3%2583%259E%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A5%25E3%2583%259E%25E3%2583%25AD%25E3%2582%25AE%25E3%2583%2595%25E3%2583%2588%25EF%25BC%2588%25E6%25A8%25AA%25EF%25BC%2589.jpg
https://2.bp.blogspot.com/-6Uy9-KCaLX4/WzWvAYoTvTI/AAAAAAAAMwo/t51Bu3nTuMcdLa0Ox-GG4SR3NG8LpJN5ACLcBGAs/s72-c/%25E3%2583%259E%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A5%25E3%2583%259E%25E3%2583%25AD%25E3%2582%25AE%25E3%2583%2595%25E3%2583%2588%25EF%25BC%2588%25E6%25A8%25AA%25EF%25BC%2589.jpg
銀木食堂のごはん日記
https://www.ginmoku.com/2017/04/blog-post_22.html
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/2017/04/blog-post_22.html
true
3305132313241742419
UTF-8
全ての投稿がロードされました 記事が見つかりませんでした 全てを見る もっと読む 返信 返信をキャンセル 削除 By ホーム ページ 投稿 全てを見る あなたにおすすめ ラベル アーカイブ SEARCH 全ての投稿 お探しの記事は見つかりませんでした ホームに戻る Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago フォロワー フォロー THIS PREMIUM CONTENT IS LOCKED STEP 1: Share. STEP 2: Click the link you shared to unlock コードを全てコピー 全てのコードを選択 全てのコードはクリップボードにコピーされました Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy