ブライン液でやわらか!豚ももブロック肉の梅だれ丼レシピ

ブライン液でやわらか!豚ももブロック肉の梅だれ丼レシピ
魔法のブライン液に漬けることで、分厚い豚肉もやわらかくなるので、びっくりするくらいの食感になる丼レシピをご紹介します。

ブロック肉は食べ応えはありますが、レパートリーが少ないかた必見の今回のレシピ。
梅干しと酢の味をベースにしたやさしい酸味の梅だれに味付けした豚肉なので、さらにやわらかく、食べやすい仕上がりです。

梅だれ調味料も覚えやすい割合なので、応用も利くので覚えておくと便利ですよ。


豚ももブロック肉の梅だれ丼


ブライン液でやわらか!豚ももブロック肉の梅だれ丼レシピ

準備時間:3分
調理時間:15分
※ブライン液に漬ける時間は除く。

材料:2人分
豚ももブロック肉:150g
【ブライン液】
水:200ml
塩:10g
砂糖:10g
【梅だれ】
梅干し:1個
みりん:大さじ2
しょうゆ:大さじ2
酒:大さじ2
酢:大さじ1/2
焼き海苔:全形1/2枚
白いりごま:大さじ1
温かいごはん:丼2杯分
サラダ油:大さじ1


[post_ads]

作り方


下準備
保存用袋に【ブライン液】を混ぜ合わせ、塩、砂糖がしっかり溶けたら豚肉を入れて液漏れしないように袋を閉じます。 冷蔵庫で最低3時間、可能であればひと晩漬けます。
保存用袋に【ブライン液】を混ぜ合わせ、塩、砂糖がしっかり溶けたら豚肉を入れて液漏れしないように袋を閉じます。
冷蔵庫で最低3時間、可能であればひと晩漬けます。
【ブライン液】
水:200ml
塩:10g
砂糖:10g

ブライン液の詳しい作り方については「魔法の調味液!ブライン液(塩糖水・ソミュール液)の作り方」を参考にしてください。


手順 1
漬けた豚肉の表面の水分をペーパータオルで拭き取り、5mm厚のそぎ切りにします。
漬けた豚肉の表面の水分をペーパータオルで拭き取り、5mm厚のそぎ切りにします。



手順 2
梅干しの種を取り除き、包丁で叩いて練り状にしたら、ボウルに【梅たれ】と混ぜ合わせておきます。  焼き海苔は半分に折り、はさみで1~2mm幅に切って刻み海苔にします。
梅干しの種を取り除き、包丁で叩いて練り状にしたら、ボウルに【梅だれ】と混ぜ合わせておきます。

焼き海苔は半分に折り、はさみで1~2mm幅に切って刻み海苔にします。
【梅だれ】
梅干し:1個
みりん:大さじ2
しょうゆ:大さじ2
酒:大さじ2
酢:大さじ1/2


手順 3
フライパンにサラダ油、豚肉を並べ入れてから中火で熱し、こんがり焼き色がつくまで焼きます。 片面が焼けたら裏返し、反対側も焼き、火が通ったら【梅たれ】をまわしかけます。 そのまま煮詰めながら豚肉に絡め、煮汁が半分程度になったら火を止めます。
フライパンにサラダ油、豚肉を並べ入れてから中火で熱し、こんがり焼き色がつくまで焼きます。
片面が焼けたら裏返し、反対側も焼き、火が通ったら【梅だれ】をまわしかけます。
そのまま煮詰めながら豚肉に絡め、煮汁が半分程度になったら火を止めます。


手順 4
丼にごはん、刻み海苔、豚肉を盛りつけたらフライパンに残っている【梅たれ】を上からまわしかけ、仕上げに白いりごまを振るって完成。
丼にごはん、刻み海苔、豚肉を盛りつけたらフライパンに残っている【梅だれ】を上からまわしかけ、仕上げに白いりごまを振るって完成。


  • [message]
    • ##info-circle## コツ
      • ・ブロック肉もブライン液に漬けることでやわらかく、食べやすい食感になります。

        ・梅だれに使う梅干しは、練り梅を使用しても便利です。




食べてみた!


豚ももブロック肉の梅だれ丼を食べてみた
ぶ厚い豚肉もブライン液に漬けたことで、とてもやわらかくなり、焼いてもそのやわらかさが変わらないため、食べやすい食感というのが嬉しいです。

そして、豚肉とごはんまで染み込んだ梅だれがさっぱりとした味で、食欲がすすむ味付けです。

梅と酢の2つの酸味が効いているいため、さらに肉質がやわらかく仕上げてくれます。

夏の食欲が落ちる時期にもやわらかく、さっぱりとした味付けなので食べやすいですよ。 梅は今回種を取り除いて練り梅にしていますが、市販の練り梅を使用しても作れます。
その際、甘みあるタイプではなく、塩っけが効いたものを選んでくださいね。

コメント

$show=mobile

銀木のプロフィール
お仕事実績

$hide=mobile

$show=mobile

名前

(主菜)牛肉,11,(主菜)魚・はんぺん,33,(主菜)鶏肉,36,(主菜)豆腐・おから・大豆,27,(主菜)豚肉,33,(副菜)おつまみ・小さなおかず,120,オーブントースター調理,108,おすすめ,6,おでかけ,59,お菓子,135,お知らせ,4,カイ君,54,ご飯もの,59,スープ&ジュース,13,その他のレシピ,77,パン,62,ひき肉,21,ブログ作りの知恵袋,2,行事食,6,徒然日記,22,暮らしのコラム,8,麺類,46,料理便利帖,21,
ltr
item
ぎんもく食堂のごはん日記: ブライン液でやわらか!豚ももブロック肉の梅だれ丼レシピ
ブライン液でやわらか!豚ももブロック肉の梅だれ丼レシピ
魔法のブライン液に漬けることで、分厚い豚肉もやわらかくなるので、びっくりするくらいの食感になる丼レシピをご紹介します。 ブロック肉は食べ応えはありますが、レパートリーが少ないかた必見の今回のレシピです。
https://blogger.googleusercontent.com/img/b/R29vZ2xl/AVvXsEgJp8uzhfk51yoalO5jgIa5NTXNSiqoWt0R3AZTwJrN3bP10T3OegAr7dX8f1gXvhmku-wXL70DcrRYKvbuWcfp_OH2rkQn__jAmYiVdpRRK3WrIIUBRhdDhOOqZUfI7LPzw9qWc18tboJSxIbNdQojIpBTdlZM1ecdH9JbhvFJT7AM5d3KzlLikd_XBuSU/w640-h361/%E8%B1%9A%E3%82%82%E3%82%82%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%A2%85%E3%81%A0%E3%82%8C%E4%B8%BC_%E5%AE%8C%E6%88%901.jpg
https://blogger.googleusercontent.com/img/b/R29vZ2xl/AVvXsEgJp8uzhfk51yoalO5jgIa5NTXNSiqoWt0R3AZTwJrN3bP10T3OegAr7dX8f1gXvhmku-wXL70DcrRYKvbuWcfp_OH2rkQn__jAmYiVdpRRK3WrIIUBRhdDhOOqZUfI7LPzw9qWc18tboJSxIbNdQojIpBTdlZM1ecdH9JbhvFJT7AM5d3KzlLikd_XBuSU/s72-w640-c-h361/%E8%B1%9A%E3%82%82%E3%82%82%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%A2%85%E3%81%A0%E3%82%8C%E4%B8%BC_%E5%AE%8C%E6%88%901.jpg
ぎんもく食堂のごはん日記
https://www.ginmoku.com/2024/02/porkplum-sauce-bowl.html
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/2024/02/porkplum-sauce-bowl.html
true
3305132313241742419
UTF-8
全ての投稿がロードされました 記事が見つかりませんでした 全てを見る もっと読む 返信 返信をキャンセル 削除 By ホーム ページ 投稿 全てを見る あなたにおすすめ ラベル アーカイブ SEARCH 全ての投稿 お探しの記事は見つかりませんでした ホームに戻る Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago フォロワー フォロー THIS PREMIUM CONTENT IS LOCKED STEP 1: Share to a social network STEP 2: Click the link on your social network コードを全てコピー 全てのコードを選択 全てのコードはクリップボードにコピーされました Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy Table of Content