岩手県一人旅【岩手県平泉町】世界遺産の中尊寺へお参りに行く!

2014年5月のゴールデンウィークを利用して行った岩手県一人旅の3日目旅行記です。



旅行3日目

[post_ads]

志羅山旅館の朝食はとても豪華!


さて、2日目の夜に宿泊した旅館は「志羅山旅館」といって、ご夫婦で経営されていらっしゃる旅館です。旅館というより民宿っぽい感じかな?部屋数は8部屋くらいでした。


バス・トイレ共同というスタイルは初めて体験だったので新鮮でしたよ♪お風呂は結構広かったです♪
こちらの旅館はご夫婦で経営されてらっしゃるんですが、とにかく朝食が凄い!!予約する時に過去に宿泊された方の口コミを拝見したのですが、どのくらい凄いのか正直、分からなかったんです。写真が掲載されていなかったりで。

私がいただいた朝食がこちらです!
 これだけじゃない!

八斗汁ですね、これは。前日に食べたかったけど食べれなかった料理でしたが、まさかここでいただくことができるなんて!!運がいいです♪
豪華~~!!
お恥ずかしながら、これまでの旅行で一番豪華な朝食(笑)
しかも、手作りっていうのが凄いですよね。女将さん、凄すぎですよ!!写真2枚目の奥にぜんざいがありますが、こちらの地方は(一関・平泉周辺)お餅料理文化が根付いているみたいですね。
詳しくはいち旅STYLE もちに始まり もちに終わる


いいなぁ~~っと、餅好きとしてはもっと早く知っておくべきでした。観光地の情報ばかりチェックしていたので、反省・・・。

この朝食ですが、とにかくどこから食べても美味しい(笑)日本人でも、外国の方が宿泊しても大満足できる食事ですよね。これだけの料理がついて、私の宿泊費は7,000円でした。(食事は朝食のみ)正直、もっと高くても文句は言いませんよ。お風呂も温泉でしたし。
いつもは朝食軽めの私ですが、あまりに美味しくってご飯2杯食べてしまいました(笑)そして完食。
特に、生まれて初めて食べた写真1枚目の一番の右奥の、見えますか?(ティッシュではありません)
この「しそ巻き」というのが本当に美味しくって♪♪あまりに美味しかったので、お土産に買って帰りました。(旅館では販売してません。中尊寺入口近くのレストランと売店がある複合施設で購入)
でも、お土産を食べ終わってもまた食べたくって結局自分で作ってしまったくらい(笑)それくらい、美味しかったです!!惚れました。

女将特製の自家製十六茶も美味しかったです。何杯もおかわりしちゃいました♪


旅館の話が長いですね。
でも、本当に美味しいお食事で大満足でした。また平泉に来たらこちらの旅館に宿泊したいです!!絶対に!!


中尊寺へ徒歩で行く!

旅館を後にして向かった先は・・・中尊寺です。旅館からは歩いて30分も掛からない距離でした。
坂道ですが、5月上旬でまだ涼しい時間帯だったので清々しい気分で歩いて行けました。荷物もリュック一つの旅だったので♪(でも、帽子は必須です)

バスも通ってましたが、前回のブログでも書きましたが、お祭りが重なっているので激混み状態。乗る気すら起こらない・・・。

ここからスタート!


坂道を上って~♪


有名な月見坂を上って~♪


途中で一休み♪景色がいいですね。大きな橋のような、高架橋のような、何かが中央に見えます。何だろう??


歩いて歩いていくつかのお堂を左右に見ながら辿り着いたのが・・・

中尊寺 本堂


こちらは本堂入口。



その門をくぐると、本堂!!やっと辿り着きました。朝の爽やな気分は何処へ。しっとり汗かいてましたよ、この時点で。
本堂の中に入って参拝が出来ました。撮影はNG。
こちらで御朱印もいただきました。


本堂を後にして再び参道を歩きます。参道にはお土産屋が幾つかありますが、帰りに寄るとして、まずは先へ進みましょう。


讃衡蔵と金色堂

向かった先は、金色堂!っと言いたい所ですが、金色堂に辿り着くまでにまずは拝観券を購入して讃衡蔵へ。これはいわば順路に沿っての拝観という形になります。なので、ちょっと行列ができてしまいます。ここでも御朱印をいただきました。
そして・・・



いよいよ・・・・

金色堂!(または「覆堂」と言われますが、このブログでは金色堂と呼ばせていただきます)



この階段はよく雑誌などで見かけますよね。ゴールデンウィーク中だったので、人の列が途切れることなくこの写真を撮るのにどれだけ待ったことか(笑)


金色堂建屋です。これから先は撮影禁止なので文字での感想にさせていただきます。

もう、言葉を失うくらいの絢爛豪華!これが500年以上も昔に作られていたなんてなんて凄すぎるんだ、奥州・藤原家。凄すぎです!


この中で、入ってすぐのところで御朱印帳を担当のお坊さんに預けて阿弥陀堂の中に説明とかが自動でアナウンスガイドが繰り返し流れているんですが、何せ人が多くて。
折角目の前に並んでいるのだからアナウンスを聞きながら一つ一つ一番前で眺めたいと思って、結局同じ内容のアナウンスを5回ほど聞いてやっと満足♪♪更にじっくりじっくり眺めました。そうそう来れる場所の平泉ではないのでクドイくらい見て聞いて帰りたいと思って(笑)

満足して御朱印帳を受け取りに先程のお坊さんの所へ行ったら、
「ちっとも取りに来ないから忘れて帰っちゃったかと思いましたよ(笑)」
っと、言われちゃいました(笑)


一つのアナウンスガイドが結構長いので1時間ちょっと聞いていたのかも。そりゃ、お坊さんも帰ったと思っちゃいますよね。ごめんなさい。でも、とても勉強になったし、静岡から長時間かけてやってきた甲斐がありました。感動しちゃいましたもん!


近くには松尾芭蕉像も。

実身長がこちらの像と同じなら、松尾芭蕉は割と小柄な男性だったようです。

白山神社

たっぷり時間をかけて金色堂に滞在し、次は中尊寺の敷地内にある「白山神社」へ参拝です。お寺と神社が同じ敷地にあるなんて不思議ですよね。
前回のブログ(旅行記2日目)でも書きましたが、丁度お祭りと重なっていたので宮司さんは不在のため、事前に半紙に書かれてあった御朱印をいただきました。宮司さん、忙しいのね。

中尊寺ではこの後もあれこれ見て回ったり、行きで通り過ぎていったお土産物屋とかを見ながら次の目的地・毛越寺へ移動です!!!


コメント

名前

(主菜)牛肉,2,(主菜)魚・はんぺん,14,(主菜)鶏肉,14,(主菜)豆腐・おから・大豆,15,(主菜)豚肉,8,(副菜)おつまみ・小さなおかず,60,オーブントースター調理,54,おすすめ,7,おでかけ,56,お菓子,69,お知らせ,4,カイ君,70,ご飯もの,21,スープ&ジュース,6,その他のレシピ,31,パン,18,ひき肉,10,ブログ作りの知恵袋,2,徒然日記,23,麺類,19,
ltr
item
銀木食堂のごはん日記: 岩手県一人旅【岩手県平泉町】世界遺産の中尊寺へお参りに行く!
岩手県一人旅【岩手県平泉町】世界遺産の中尊寺へお参りに行く!
平泉観光の3日目です。旅館の「志羅山旅館」の朝食に感動したり、「中尊寺」へ行ったりしました。金色堂の絢爛豪華さには息を飲むほどの見事さでした。
https://3.bp.blogspot.com/-W2iR72N-Z9E/WSaqWhu1Q0I/AAAAAAAADko/2cNpWqRlmXAGhMvqdyiHA_LFCpz8kLeCACLcB/s640/PAP_0099.JPG
https://3.bp.blogspot.com/-W2iR72N-Z9E/WSaqWhu1Q0I/AAAAAAAADko/2cNpWqRlmXAGhMvqdyiHA_LFCpz8kLeCACLcB/s72-c/PAP_0099.JPG
銀木食堂のごはん日記
https://www.ginmoku.com/2017/05/3_28.html
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/2017/05/3_28.html
true
3305132313241742419
UTF-8
全ての投稿がロードされました 記事が見つかりませんでした 全てを見る もっと読む 返信 返信をキャンセル 削除 By ホーム ページ 投稿 全てを見る あなたにおすすめ ラベル アーカイブ 検索 全ての投稿 お探しの記事は見つかりませんでした ホームに戻る Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago フォロワー フォロー THIS PREMIUM CONTENT IS LOCKED STEP 1: Share. STEP 2: Click the link you shared to unlock コードを全てコピー 全てのコードを選択 全てのコードはクリップボードにコピーされました Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy