小松菜をおいしく消費!小松菜たっぷりの春雨と豚肉のスパイシー炒め

小松菜の豚肉炒め
そろそろ 冬野菜も卒業の季節。とはいえ、葉物野菜がやや高めの最近ですが、割と小松菜はお手頃なお値段で店頭に並んでいる気がします。しかも最近は1年中小松菜を見かけますよね。

ほうれん草やキャベツ、白菜に比べて手が届く葉物野菜とはいえ、小松菜レシピって案外レパートリーが少なかったりしませんか?
そんな時に是非ともお勧めしたいのが今回ご紹介するとっておきレシピです!後悔させない美味しさですよ。

小松菜を1把使いますが、他にはきくらげ、春雨などヘルシーなものをたっぷり使っているので量の割にはカロリーも抑えられているのに満腹度が高いおかずです。

ガッツリご飯がススム!ウマイ豚肉と春雨のピリ辛煮

小松菜の春雨炒め

材料(3~4人分)


豚バラ薄切り肉 / 350g
★酒 / 小さじ1
★醤油 / 大さじ1
にんにく / 1片
生姜 / 1片
人参 / 1/3本
春雨 / 50g
小松菜 / 1把
◇豆板醤 / 小さじ1/2強
◇創味シャンタン / 小さじ1
◇醤油 / 大さじ1
◇酒 / 大さじ1
◇水 / 180cc
白ごま / 適量

[post_ads]

作り方


  1. 春雨を挟みで10㎝程度の長さに切っておきます。(袋の中などに入れて切ると飛び散らずに出来ます)




  2. 豚肉は食べやすい大きさに切り、★で下味をつけます。
    人参はせん切り、きくらげは水で戻し、固い軸を除きます。




  3. 小松菜は根元を切り、4cm長さに切って耐熱皿に少量の水と入れてラップをし、電子レンジで約2分程加熱します。




  4. ◇を混ぜ合わせて作っておきます。




  5. フライパン(油なし))に豚肉、にんにく、生姜を炒めて香りがたってきたらきくらげ、人参を加えて炒め合わせます。




  6. 人参に火が通ったら、◇を加えて煮立ったら春雨を加えます。




  7. 春雨が柔らかくなったら手順3の小松菜を加えて全体に炒め合わせます。




  8. 小松菜と豚肉の炒め煮
    お皿に盛ったら白ゴマを指で擦り潰しながら散らして完成です。

コメント

  • 小松菜もこうやって使えば食べやすいんです♪♪色とりどりで綺麗ですよ。とにかく、箸がススム♪ススム♪

普段春雨ってあまり沢山食べる機会が少ないかと思いますが、こちらのレシピにはたっぷりと使うのであっという間になくなってしまいます(笑)

余談ですが、我が家では春雨100gにして◇を倍量で作ってます。・・・食べ過ぎだろう!っというツッコミはなしに、本当に美味しんですよ~♪♪


以前、小松菜の代わりにほうれん草で作ったことがありましたが、ほうれん草だと火を加えるとペタンコになって歯応えがあまり感じられなくなりました。やはり、この料理には「小松菜」が一番合います!!



ちょっと知識!


今回のレシピで主役の「小松菜」。ほうれん草と並んで冬野菜の中でも貴重な緑黄色野菜の筆頭とも言えますよね。ほうれん草よりアクが少ないので食べやすい野菜です。
原産は日本で、東京の小松川(現在の東京都江戸川区)で作られたことから「小松菜」と呼ばれるようになりました。ちなみに東京都は小松菜の生産量№1です。東京生まれの野菜だったとはかなり驚きました!


その小松菜ですが、いざ調理するとなるとあまりレパートリーが少ないという方も多いのではないでしょうか?けれど、その栄養成分を知るともう少し小松菜を食べてみよう!っという気になるかもしれませんよ。



「小松菜」にはカロテン、ビタミンC、鉄分、カリウムなどとても豊富に含んでいます。

  • カロテンは発育を促進したり、目や肌の健康を保つ役割があります。老化防止作用も。
  • ビタミンCは血管や骨を丈夫にし、免疫力を高めて病気になりにくくし、美容やストレスへの抵抗力を強める働きもあります。
  • 鉄分は体内にある鉄分の約70%が酸素を身体のすみずみに運ぶヘモグロビンの成分になります。鉄分が不足すると息切れ、めまいなど貧血の症状を引きおこすことがあります。
  • カリウムは高血圧を予防します。
特に、カリウムは野菜の中でも多く含み、骨や歯の強化、心臓の働きを助けたりします。


参考:丸果石川中央青果「野菜の知識

コメント

名前

(主菜)牛肉,2,(主菜)魚・はんぺん,14,(主菜)鶏肉,14,(主菜)豆腐・おから・大豆,18,(主菜)豚肉,8,(副菜)おつまみ・小さなおかず,63,オーブントースター調理,55,おすすめ,8,おでかけ,55,お菓子,70,お知らせ,4,カイ君,58,ご飯もの,22,スープ&ジュース,6,その他のレシピ,31,パン,19,ひき肉,11,ブログ作りの知恵袋,2,徒然日記,21,暮らしのコラム,3,麺類,22,
ltr
item
銀木食堂のごはん日記: 小松菜をおいしく消費!小松菜たっぷりの春雨と豚肉のスパイシー炒め
小松菜をおいしく消費!小松菜たっぷりの春雨と豚肉のスパイシー炒め
豚肉と春雨、そして小松菜を使ったご飯のすすむおかずレシピです。びっくりするくらいご飯と好相性のこちらのおかずは老若男女にも大好評です!
https://1.bp.blogspot.com/-glfBrQ5Ku9w/Wq9XMpdSxrI/AAAAAAAAJzs/yKYOx8qc16oCpShHNOllvZ5czNo4sNF3wCLcBGAs/s640/%25E3%2582%25AC%25E3%2583%2583%25E3%2583%2584%25E3%2583%25AA%25E3%2581%2594%25E9%25A3%25AF%25E3%2581%258C%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25B9%25E3%2583%25A0%25EF%25BC%2581%25E3%2582%25A6%25E3%2583%259E%25E3%2582%25A4%25E8%25B1%259A%25E8%2582%2589%25E3%2581%25A8%25E6%2598%25A5%25E9%259B%25A8%25E3%2581%25AE%25E3%2583%2594%25E3%2583%25AA%25E8%25BE%259B%25E7%2585%25AE%25EF%25BC%2588%25E6%25A8%25AA%25EF%25BC%2589.jpg
https://1.bp.blogspot.com/-glfBrQ5Ku9w/Wq9XMpdSxrI/AAAAAAAAJzs/yKYOx8qc16oCpShHNOllvZ5czNo4sNF3wCLcBGAs/s72-c/%25E3%2582%25AC%25E3%2583%2583%25E3%2583%2584%25E3%2583%25AA%25E3%2581%2594%25E9%25A3%25AF%25E3%2581%258C%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25B9%25E3%2583%25A0%25EF%25BC%2581%25E3%2582%25A6%25E3%2583%259E%25E3%2582%25A4%25E8%25B1%259A%25E8%2582%2589%25E3%2581%25A8%25E6%2598%25A5%25E9%259B%25A8%25E3%2581%25AE%25E3%2583%2594%25E3%2583%25AA%25E8%25BE%259B%25E7%2585%25AE%25EF%25BC%2588%25E6%25A8%25AA%25EF%25BC%2589.jpg
銀木食堂のごはん日記
https://www.ginmoku.com/2018/03/blog-post_19.html
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/2018/03/blog-post_19.html
true
3305132313241742419
UTF-8
全ての投稿がロードされました 記事が見つかりませんでした 全てを見る もっと読む 返信 返信をキャンセル 削除 By ホーム ページ 投稿 全てを見る あなたにおすすめ ラベル アーカイブ SEARCH 全ての投稿 お探しの記事は見つかりませんでした ホームに戻る Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago フォロワー フォロー THIS PREMIUM CONTENT IS LOCKED STEP 1: Share. STEP 2: Click the link you shared to unlock コードを全てコピー 全てのコードを選択 全てのコードはクリップボードにコピーされました Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy