冷めても美味しい!お弁当にもOK!青じそチーズ入りちくわ揚げレシピ

ちくわ揚げ
お弁当おかず人気定番の一つ、「ちくわ揚げ」。
そのちくわ揚げに青じそとチーズを包んで揚げてみました。出来たてはチーズのトロトロ感がたまらない美味しさです。冷めればチーズがギュッと青じそに包まれてちょっと濃厚な仕上がりに感じられますよ。

ほんのり塩味がして箸が止まらなくなる美味しさです!お弁当のおかずにはもちろん、おつまみにもどうぞ!

お弁当のおかずに!ちくわ揚げ(青ジソチーズ味)

調理時間:約30分

材料 2人分


ちくわ / 5本
★天ぷら粉 / 大さじ3
★冷水 / 適量
◇ベビーチーズ / 5個
◇青じそ / 10枚
◇塩 / 少々
揚げ油 / 適量

[post_ads]

作り方


  1. ちくわを縦に切れ込みを入れ、長さを2等分に切ります。 ベビーチーズは縦に2等分に切ります。




  2. ちくわの内側に青じそ、ベビーチーズをのせ、爪楊枝で真ん中辺りを封します。




  3. マグカップ等に★の天ぷら粉、冷水を加えて混ぜ合わせます。




  4. フライパンに揚げ油を熱し、ちくわを手順4にくぐらせて揚げます。軽く膨らんできたら揚げ上がりです。




  5. 冷める前に塩を振って完成です。

  • [message]
    • ##info-circle## コツ
      • ・ちくわは手順1で縦に切れ込みを入れますが、切り落とさないこと!



コメント

  • 冷めても美味しい青じそチーズ入りのちくわ揚げです。揚げ焼き時間はかなり短いので焦げないように気を付けてくださいね。


コレコレ!ちくわ揚げの定番って磯部揚げ(青のりを生地に混ぜて揚げるタイプ)だと思いますが、今回ご紹介ご紹介のレシピはちくわの中に青じそとチーズを包みました。チーズだけでも美味しいかもしれませんが、青じその風味がチーズの旨みを引き立てますよ。


ちょっと知識!


青じそ(大葉)は私たち日本人にとって身近な薬味でもあり、”日本のハーブ”とも言われていますが、この青じその栄養についてご存知ですか? シソには緑色したものと、赤い色をした赤しそがありますが、この二つの違いについても解説していきたいと思います。

【由来】
「しそ」は中国、ヒマラヤ地方を原産とする一年草です。

中国の三国時代(184年~280年頃)、一人の少年が蟹をむさぼり食べていました。それを見た旅の名医は、中毒を予期して、家の者に「しそ」の葉を渡しました。その晩、やはり少年はひどい食中毒にかかり肌の色が紫色に変色し、死に直面しましたが、名医が置いていった「しそ」の葉を煎じて飲ませたところ、命が蘇ったことから『紫蘇』と名付けられました。

以来、魚や蟹の毒を消すものとして重用されるようになり、現在でも刺身の薬味として使われています。

しその種類は、葉が緑色をした青じそ(大葉)と、紫色をした赤じそに分けられます。漢字で「紫蘇」と表記することから本来の種は赤じそで、青じそは変種したものと考えられています。

青じそ[大葉] 
 爽快な香りがあり、刺身のツマ、天ぷらや麺類の薬味等に利用されます。
赤じそ 
出回り時期は6~7月頃で、葉は紫色(紫がかった緑色)で品種により縮れ方が異なります。梅干しや紅しょうがの着色、漬け物等に利用されます。


【栄養】
しそは、赤いアントシアン系色素(シソニン)の有無によって、赤じそ系と青じそ系に分けられます。カロテンが赤じそに少ないほかは、青じそと赤じその成分は似ています。

βカロテン、ビタミンB1、B2、B6、ビタミンC、E、Kが多く、ナイアシンも含みます。カルシウム、鉄、カリウム、マグネシウム、亜鉛なども豊富です。


<殺菌効果と食欲増進 >
しその独特の香り成分は、ペリルアルデヒドやリモネン、ピネンなどです。成分の半分以上を占めるペリルアルデヒドはシソアルデヒドとも呼ばれ、強い抗菌作用・防腐効果があります。刺身のつまや料理のあしらい、薬味に欠かせないのはこのためです。食中毒を予防するほか、消化酵素の分泌を促し、食欲を増進させて健胃作用もあります。

<ガンの抑制 >
青じそにはβカロテンが豊富に含まれ、野菜の中でもトップクラスです。βカロテンは体内でビタミンAに変わり、視覚、聴覚、粘膜や皮膚を保護し、抵抗力も強くする働きがあります。抗酸化作用もありガン予防や老化予防に効果を発揮します。またガン予防作用のあるビタミンCも豊富です。

<貧血予防>
しそは鉄が多く、また鉄の吸収を助けるビタミンCも多く含むことから、貧血予防に有効です。


カリウムを多く含み、利尿・発汗を促して、水分代謝を良くするはたらきがあるので、水分の摂り過ぎを解消してくれます。また血中のアルコール分解を促進する働きに加え、アレルギー発症時の悪化原因の物質の量を抑制し、調整する働きがある為、アトピー・花粉症・喘息等のアレルギーによる諸症状を緩和する効果があるといわれています。 



参考:丸果石川中央青果「野菜の知識」

コメント

名前

(主菜)牛肉,2,(主菜)魚・はんぺん,14,(主菜)鶏肉,14,(主菜)豆腐・おから・大豆,18,(主菜)豚肉,8,(副菜)おつまみ・小さなおかず,63,オーブントースター調理,55,おすすめ,8,おでかけ,55,お菓子,70,お知らせ,4,カイ君,58,ご飯もの,22,スープ&ジュース,6,その他のレシピ,31,パン,19,ひき肉,11,ブログ作りの知恵袋,2,徒然日記,21,暮らしのコラム,3,麺類,22,
ltr
item
銀木食堂のごはん日記: 冷めても美味しい!お弁当にもOK!青じそチーズ入りちくわ揚げレシピ
冷めても美味しい!お弁当にもOK!青じそチーズ入りちくわ揚げレシピ
ちくわの揚げ物に青じそとチーズを包んで揚げたおかずです。自宅で食べるおかずにも、お弁当のおかずにも、おつまみにもおススメです。
https://2.bp.blogspot.com/-biKTXMv57jw/Wv6y3-bR6uI/AAAAAAAAK7U/k4z3et4rMsw-Ql0P8JUuKa6wh99PxUmhgCLcBGAs/s640/%25E3%2581%25A1%25E3%2581%258F%25E3%2582%258F%25E6%258F%259A%25E3%2581%2592%25EF%25BC%2588%25E9%259D%2592%25E3%2582%25B8%25E3%2582%25BD%25E3%2583%2581%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BA%25E5%2591%25B3%25EF%25BC%2589%25EF%25BC%2588%25E6%25A8%25AA%25EF%25BC%2589.jpg
https://2.bp.blogspot.com/-biKTXMv57jw/Wv6y3-bR6uI/AAAAAAAAK7U/k4z3et4rMsw-Ql0P8JUuKa6wh99PxUmhgCLcBGAs/s72-c/%25E3%2581%25A1%25E3%2581%258F%25E3%2582%258F%25E6%258F%259A%25E3%2581%2592%25EF%25BC%2588%25E9%259D%2592%25E3%2582%25B8%25E3%2582%25BD%25E3%2583%2581%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BA%25E5%2591%25B3%25EF%25BC%2589%25EF%25BC%2588%25E6%25A8%25AA%25EF%25BC%2589.jpg
銀木食堂のごはん日記
https://www.ginmoku.com/2018/05/blog-post_18.html
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/2018/05/blog-post_18.html
true
3305132313241742419
UTF-8
全ての投稿がロードされました 記事が見つかりませんでした 全てを見る もっと読む 返信 返信をキャンセル 削除 By ホーム ページ 投稿 全てを見る あなたにおすすめ ラベル アーカイブ SEARCH 全ての投稿 お探しの記事は見つかりませんでした ホームに戻る Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago フォロワー フォロー THIS PREMIUM CONTENT IS LOCKED STEP 1: Share. STEP 2: Click the link you shared to unlock コードを全てコピー 全てのコードを選択 全てのコードはクリップボードにコピーされました Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy