子供もゴクゴク飲める!3週間待つだけの梅ジュース(梅シロップ)

梅ジュース
梅雨に入る前の5月下旬から6月初旬は青梅の収穫シーズン真っ只中ですね!今年の我が家は青梅がかなり大粒で大量に収穫できたので、両親が梅酒を作る横で青梅のジュース(梅シロップという言い方が一般的でしょうか?)を浸けました。

私はお酒が飲めないので、青梅が多めに収穫できた年には青梅シロップを作るので毎年作れるわけではないということで、個人的には今年の豊作は有難いです(笑)
飲めるのは保存環境にもよりますが、浸けてから2~3週間程度以降になります。

当記事下には初めての梅ジュース(梅シロップ)作りで役立つ情報もご紹介してありますので、そちらも併せて読んでいただけると嬉しいです。

  • [message]
    • ##exclamation-triangle## 作業する前の注意点
      • ・生の青梅には毒性があると言われています。今回ご紹介するシロップや、梅酒、梅干しなど浸けたり干したりするものには心配がありませんが、くれぐれも生の青梅を(大量に)食べることは絶対に避けてください。


梅仕事 青梅ジュース(シロップ)

梅シロップ

材料


青梅/1㎏
氷砂糖/1㎏
酢/150㏄~200㏄

[post_ads]

作り方


  1. 前日までにしておくこと
    保存瓶を煮沸消毒し、清潔な布巾で水気を拭き取ったら逆さまにして乾かします。もしくは焼酎で綺麗に拭き取って殺菌し、乾燥させます。どちらの方法でもOKです。




  2. 作業開始!収穫した青梅はたっぷりの水に浸けて洗い、1時間~2時間水に浸けます。(アク抜きと汚れ落とし)




  3. 清潔な布巾などで一粒一粒丁寧に水気を拭き取ります。





  4. 爪楊枝などでヘタを取り除きます。




  5. 保存瓶に青梅、氷砂糖、青梅、氷砂糖のように交互に重ねて入れ、仕上げに酢を回しかけ、蓋をしたら全体を傾けたりしてまんべんなく酢を行き渡らせて湿らせます。




  6. 梅ジュース
    冷暗所に保存し、毎日一度は必ず保存瓶を傾けたりして酢とエキスを全体に行き渡るようにします。




  7. 3週間経過したものです。かなり青梅がシワシワになりましたしシロップも十分できたのでここで浸ける作業は終わりです。シワシワの青梅を取り出して処分します。
    ここで終わりにしてもよいのですが、瓶の中に浮遊物(毎日瓶を傾けていたので青梅に残っていた小さなヘタなど)が気になるので手順8へ。




  8. じょうろに清潔なガーゼを固定してシロップをろ過します。

    とても細かいですが、浮遊物が取り除かれました。




  9. 長期保存も兼ねて、鍋で一度煮ます。軽くでよいので火を通します。冷まして煮沸消毒済み(もしくは焼酎で瓶内を拭き取って消毒したもの)の保存瓶に入れて冷暗所で保存します。


  • [message]
    • ##info-circle## コツ
      • ・手順でもご説明しましたが、一日に一度は保存瓶を傾けて全体に酢とエキスを行き渡らせて下さい。
        ・酢を加えるのは殺菌と防腐効果となり、発酵防止になります。


【飲み方】
原液を3~5倍に薄めて飲みます。
冷水割り
牛乳割り
サイダー割り

【その他の使い方】
ストレートでかき氷のシロップにどうぞ

こちらは水割りで作ったものです。私は防腐効果の酢を加えて作ったため、飲むとリンゴ酢のような爽やかな風味になりました。酢は酸っぱくなく、優しい甘さに中和されていますのでゴクゴク飲めますよ。

コメント

  • お酒の飲めない方にも美味しくいただける梅シロップ(ジュース)です。原液のままだと濃いので、夏場はサイダー割りでゴクゴク飲めます。
  • 青梅は旬が限らているのでこの梅雨入り前後のシーズンに新鮮な青梅が手に入ったなら是非お楽しみくださいね!





我が家には家の中にカイ君がいるので、ウッカリ水で浸けている状態の青梅やその浸け水を飲んでしまわないように父の愛飲の箱でガードして水に浸けています(笑)


ちょっと知識!


梅雨に入る前のほんの短い期間に作る「梅ジュース(梅シロップ)」ですが、せっかく作るのだから失敗しないように作りたいですよね。
そこで、初めての梅仕事・「梅ジュース(梅シロップ)」でも失敗しないために気を付けることをまとめてみました。


  • ”若くて固い新鮮な青梅”を選びます。触ってみて果肉が堅く、しっかりとした青梅が目安です。黄色くなった完熟梅(黄色くなったもの)でもできますが、浸けた時にでるエキスが青梅よりも少なく、発酵しやすいという点があるので、カビには気をつけます。

  • 基本の青梅と砂糖の比率ですが、同量が一番おいしくできます。お子さんも一緒に飲まれる場合は、浸ける時の砂糖の量を少し増やしてあげると甘さのある仕上がりにありますよ。

  • 保存容器はできるなら外からも見えやすい透明なものがおすすめです。エキスがどのくらい出てきたのか分かりやすいですし、カビが生えていないかもチェックするので透明なものがおすすめです。大きさも、青梅の量に対して3~4倍の量のサイズ。(例:梅1㎏に対して瓶は4リットルサイズ)


  • 毎日1度は瓶を傾けたりして梅全体にエキスが行き渡るようにする。混ぜることで氷砂糖も溶けやすくなりますよ。使用する砂糖は白砂糖やてんさい糖、氷砂糖など有りますが、沈殿することもあるので、取り扱いしやすい氷砂糖がおすすめです。

コメント

名前

(主菜)牛肉,2,(主菜)魚・はんぺん,14,(主菜)鶏肉,14,(主菜)豆腐・おから・大豆,18,(主菜)豚肉,9,(副菜)おつまみ・小さなおかず,63,オーブントースター調理,55,おすすめ,9,おでかけ,55,お菓子,71,お知らせ,4,カイ君,58,ご飯もの,22,スープ&ジュース,6,その他のレシピ,31,パン,19,ひき肉,11,ブログ作りの知恵袋,2,徒然日記,21,暮らしのコラム,3,麺類,22,
ltr
item
銀木食堂のごはん日記: 子供もゴクゴク飲める!3週間待つだけの梅ジュース(梅シロップ)
子供もゴクゴク飲める!3週間待つだけの梅ジュース(梅シロップ)
青梅を使った梅シロップのレシピです。とても簡単な作業後数週間の浸け込み期間がとてもウズウズします。その分、待ったかいのある美味しい梅シロップが楽しめますよ。
https://2.bp.blogspot.com/-TDooJdvkIWI/WxiaNH8Q9iI/AAAAAAAAL94/DJhp_OkolFwspIJPEDnSNdK13rIKOLCyQCLcBGAs/s640/CIMG6061_Fotor.jpg
https://2.bp.blogspot.com/-TDooJdvkIWI/WxiaNH8Q9iI/AAAAAAAAL94/DJhp_OkolFwspIJPEDnSNdK13rIKOLCyQCLcBGAs/s72-c/CIMG6061_Fotor.jpg
銀木食堂のごはん日記
https://www.ginmoku.com/2018/06/blog-post_17.html
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/2018/06/blog-post_17.html
true
3305132313241742419
UTF-8
全ての投稿がロードされました 記事が見つかりませんでした 全てを見る もっと読む 返信 返信をキャンセル 削除 By ホーム ページ 投稿 全てを見る あなたにおすすめ ラベル アーカイブ SEARCH 全ての投稿 お探しの記事は見つかりませんでした ホームに戻る Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago フォロワー フォロー THIS PREMIUM CONTENT IS LOCKED STEP 1: Share. STEP 2: Click the link you shared to unlock コードを全てコピー 全てのコードを選択 全てのコードはクリップボードにコピーされました Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy