$hide=page-404-mobile

【9月の行事食】十五夜にお供えする食べ物・月見団子のレシピ

【9月の行事食】十五夜にお供えする食べ物・月見団子のレシピ
暑い夏が終わり夜風が気持ちよく感じる頃に訪れる行事が「十五夜」です。
2019年の今年は”9月13日の金曜日”が十五夜になります。

普段はなかなか夜空を見る機会が減ってしまったということも多いですが、この「十五夜」のお月様はちょっと眺めてみたいですね。


ただ、十五夜だからといって満月というわけではありません。
2019年9月の満月は十五夜の翌日、つまり14日に現れる月が満月なのです。

中秋の名月の頃の満月は農作物の実りの象徴とされ、秋の収穫を感謝する行事ともいいます。

そもそも、十五夜とは?


月齢

十五夜というのは満月にあたる旧暦の毎月15日のことをいいます。つまり、十五夜というものは毎月あるということです。

もう少し分かりやすくすると、新月の日を1日目として満月まで15回夜を迎えるので、「十五夜」といい、満月(の頃)にあたります。
ただし、満月の日は多少暦の関係で前後します。


[post_ads]

中秋の名月と十五夜の違いを知っておこう!

「中秋の名月」とは旧暦の8月15日のことをいいます。

旧暦では7月から9月までが秋で、真ん中の8月は「中秋」と言われているため、この月の満月を「中秋の名月」とよぶようになったのです。

この時期は1年の中で最も美しい月とよばれ、むかしから歌や俳句などにも詠まれています。
かの北原白秋もこう詠んでいます
あかあかと十五夜の月街(まち)にありわつしよわつしよといふ声もする

参考資料:短歌表現辞典(天地・季節編)

確かに、うだるような暑さが過ぎ、冬が訪れる前の過ごしやすい時期で夜の空気も澄んでいますよね。

そして、「十五夜」については先ほども書きましたが、旧暦の満月にあたる毎月15日のことです。

十五夜の食べ物といえば「月見団子」


月見団子

十五夜のお供えで欠かせないのが「月見団子」です。

お供えする団子の数は旧暦の月の数というのが一般的で、平年は12個、閏月うるうげつのある年は13個お供えしていたものの、近年は十五夜にちなんで15個お供えするのが一般的に。

お月見団子のレシピ

当ブログでは、作りやすい「月見団子」のレシピを公開していますので是非参考にしてくださいね。
上新粉と白玉粉を使った、本当に簡単にできるレシピなので、子供と一緒に楽しく作れます。

お供えしたあとにみんなで食べるのが習慣ですが、15個をひと晩で食べきるのはちょっと大変ですよね。
ご紹介しているお月見団子は翌日でも硬くならないのでおいしくいただけます。
翌日にはそのままいただいていもいいですし、みたらし餡に絡めてもおいしいです。


レシピでは、お月見団子にあんこを入れずに作っていますが、時間にゆとりがあるのならあんこ入りで作ってもおいしく仕上がります。

その際、生地を茹でるとあんこがはみ出してきてしまうことがあるので、蒸し器を使って蒸すとキレイにもっちりとした仕上がりになります。


蒸して作る時にどうしても時間が経つと乾燥して食感が悪くなってしまうのですが、そうならないためのコツを伝授しますね。

蒸し上がったらすぐにうちわなどであおいで冷ますと、ツヤがでてしっとりとなります。
まさにお店で売られているかのような仕上がりになります。

お月見団子のレシピ

名古屋の月見団子は白くて丸くない⁉

名古屋のお月見団子
日本全国を探せばさまざまな形・色のお月見団子があるのでしょうが、愛知県名古屋市のお月見団子はとてもカラフルな三色のしずく型です!

丸い形ではありません。
諸説ありますが、このしずく型は「里芋」をイメージして作られています。
名古屋では「十五夜」のことを「芋名月」といい、里芋をお供えしていたことが由来です。

茶色いお団子は黒糖を練り混ぜ、桜色のお団子は赤色の食紅を加えて作ります。


確かに、お供えものに「里芋」を使うことがあります。
秋の収穫を祝う行事として里芋はまさに打ってつけですよね。むかしはお米の代わりに里芋を主食としていたことから納得がいきますね。


2019年限定!中秋の名月におすすめのお菓子

風水師の李家幽竹さんによれば、2019年では「お月見団子」の他に「ムーンケーキ」がおすすめとのこと。


ムーンケーキって何?


ムーンケーキは「月餅」のことです。中国のお菓子ですが、さまざまな味があって選ぶのも困るくらい種類が多いです。
「月餅」と言われれば分かるけれど、「ムーンケーキ」と言われると何だろう??って思っちゃいますよね。
でも、月餅の多くは丸い形が多く、縁起を担いだ模様や文字が印象的なので食べるだけで運気もアップしそうですね。





知っていました?十三夜のお月見

十五夜の一か月後の旧暦9月13日、2019年では10月11日の夜を「十三夜」といい、同様に月見を楽しむ習慣があります。

十五夜は中国の風習から、十三夜は日本独自の風習ですが、片方だけしか見ない「片月見」は縁起が悪いとされていました。
また、十三夜は旬の栗を供えることから「栗名月」ともよばれています。


参考文献:「イラストでわかる日本の伝統行事・行事食」合同出版

コメント

$hide=mobile

名前

(主菜)牛肉,5,(主菜)魚・はんぺん,17,(主菜)鶏肉,18,(主菜)豆腐・おから・大豆,20,(主菜)豚肉,10,(副菜)おつまみ・小さなおかず,66,オーブントースター調理,73,おすすめ,6,おでかけ,58,お菓子,94,お知らせ,4,カイ君,54,ご飯もの,29,スープ&ジュース,7,その他のレシピ,37,パン,31,ひき肉,16,ブログ作りの知恵袋,2,行事食,2,徒然日記,22,暮らしのコラム,7,麺類,24,料理便利帖,2,
ltr
item
銀木食堂のごはん日記: 【9月の行事食】十五夜にお供えする食べ物・月見団子のレシピ
【9月の行事食】十五夜にお供えする食べ物・月見団子のレシピ
9月の行事といえば、十五夜。中秋の名月ともよばれるこの日にお供えする食べ物・月見団子の作り方をご紹介します。また、名古屋の月見団子は丸くない理由についても詳しく解説しています。
https://2.bp.blogspot.com/-BPbAuc25ETc/XVYLrF0rUEI/AAAAAAAASks/xSWeJ93YXwEYl_oZtb6H5pAXgZr5egj8QCLcBGAs/s640/%25E6%259C%2588%25E8%25A6%258B%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25A3%25E3%2583%2597%25E3%2583%2581%25E3%2583%25A3.jpg
https://2.bp.blogspot.com/-BPbAuc25ETc/XVYLrF0rUEI/AAAAAAAASks/xSWeJ93YXwEYl_oZtb6H5pAXgZr5egj8QCLcBGAs/s72-c/%25E6%259C%2588%25E8%25A6%258B%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25A3%25E3%2583%2597%25E3%2583%2581%25E3%2583%25A3.jpg
銀木食堂のごはん日記
https://www.ginmoku.com/2019/08/jugoya.html
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/2019/08/jugoya.html
true
3305132313241742419
UTF-8
全ての投稿がロードされました 記事が見つかりませんでした 全てを見る もっと読む 返信 返信をキャンセル 削除 By ホーム ページ 投稿 全てを見る あなたにおすすめ ラベル アーカイブ SEARCH 全ての投稿 お探しの記事は見つかりませんでした ホームに戻る Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago フォロワー フォロー THIS PREMIUM CONTENT IS LOCKED STEP 1: Share to a social network STEP 2: Click the link on your social network コードを全てコピー 全てのコードを選択 全てのコードはクリップボードにコピーされました Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy