【保存版】作り置きもOK!フライパンでパパッと作る「きんぴらごぼう」

きんぴら
和食の定番おかずの一つ・ごぼうのきんぴらレシピです。
鍋で作る方もいらっしゃるかと思いますが、私はフライパン一つで作ります。ごぼうも人参もそれぞれ栄養を逃がさないように私流の皮の剥き方をしていますので参考にしていただけると嬉しいです。
作り置きおかずにも向いているのでとても便利です。

銀木さんちのきんぴら

ごぼうのきんぴら

調理時間:約20分

材料 3~4人分


ごぼう / 1本
人参 / 1/2本
赤唐辛子(小口切り) / 1/2本分
★砂糖 / 大さじ1
★みりん / 大さじ2
★醤油 / 大さじ2
白いりごま / 大さじ1強
ごま油 / 大さじ1/2~1弱

[post_ads]

作り方


  1. ごぼうの細切り
    ごぼうを包丁の背でこそげて皮をおおかた削げ取り、細切りにして水につけ、灰汁を抜いておきます。水は2~3回取り替えます。




  2. 人参も細切りに切ります。※人参の皮には栄養がたっぷり詰まっているので、私はきれいに洗って皮ごと使ってます。




  3. フライパンにごま油を熱し、水気をきったごぼう、人参、赤唐辛子を入れて中火でカサが減ってくるまで菜箸で混ぜながら炒めます。




  4. ある程度カサが減って火が通ったら★を加え、汁気がなくなるまで炒め合わせます。




  5. 汁気がなくなってきたら火を止め、白いりごまを振り、大きくざっくりと混ぜ合わせたら完成!




  6. きんぴらごぼう
    味が落ち着いた方がとても美味しので、早めに作って蓋をし、冷ましていただくのが銀木さんち流★

  • [message]
    • ##info-circle## コツ
      • ・最初から最後までとにかく菜箸でかき混ぜて全体に味を行き渡らせること。

        ・味を落ち着かせて冷ましている時、蓋やラップ(器に盛って冷ますなら)をすると乾燥が防げます。以前、うっかりそのままで冷ましたらパサパサになって泣けました(涙)


コメント

  • 食物繊維たっぷりのごぼうのきんぴらです。出来立てよりもちょっと時間をおいて味を落ち着かせた方が更に美味!


ごぼうの美味しいシーズンは秋~冬ですが、今はスーパーに行けば1年中手に入る野菜なので普段のおかずとして取り入れやすい一品ですね。

きんぴら作りで一番悩むのがやはり味付け。とりわけ程よい辛さを残した仕上がりだと思います。唐辛子の分量を入れ過ぎると食べる時にヒーヒーしながら食べなければなりませんが、こちらのレシピの赤唐辛子は1/2本使用です。この分量だと辛すぎず物足りすぎず美味しくいただけると思いますが、もう少し辛味が欲しいという場合は思い切って赤唐辛子を1本どうぞ!

コツにも書きましたが、「味を落ち着かせる」というのはとても大事だと思います。きんぴらは特に出来たてはちょっと物足りない味に感じてしまうかもしれませんが、不思議と冷ましてから味が落ち着いたものだとしっかりと味が感じられてお店のような味になります。



ちょっと知識!

ごぼうって秋~冬にかけて店頭でよく見かけますよね。旬は11月~1月。

ごぼうの栄養は食物繊維とよく知られていますが、実は他にも急激な血糖の上昇を防いでくれるという(糖尿病予防)点も見逃せません。
また、腸内の有害物質を排出してくれる作用もあるので積極的に取り入れたいですね。

ごぼうの栄養は皮の部分に多く含まれているので水洗い後、皮は剥くより、包丁の背でこそぎ落すようにすると、栄養もしっかり摂り入れることができますね!
ただ、ごぼうはアクが強く空気に触れると変色するので切ったらすぐに水に浸けることをお忘れなく!2~3回程度水が透明になるまで水を交換する程度で十分です。浸けすぎは栄養分が逃げてしまうので気を付けてください。


ごぼうを購入する時のポイント
  • 断面に空洞がないものや、ひび割れがないものを選ぶ。持った時に軽いと古いものなので、スが入っている可能性があるので避ける。
    ※スとは、中が空洞になった状態や、水分が抜けた状態のこと
  • 鮮度が落ちやすいので泥付きを選ぶ。
ごぼうの保存
乾燥しないようにごぼうが入っていたビニール袋に入れて冷暗所(野菜室など)で保存。ただし、密閉するとカビが生えることがるのでごぼうの先が少しビニール袋から出ているくらいがおすすめです。





今日は一つ嬉しいことがありました♪
当ブログで公開している2017年12月3日ブログ「ひと手間で美味しさアップのとろろご飯レシピ」がNAVER(2018年6月10日更新)でご紹介していただきました!!しかも同じ記事の中で2か所に!
すっごくすっごく嬉しいです!!とても光栄なことだと感謝いたします!


・・・と、喜んだんですが、写真が!
この力の入っていない、食卓に置いたままの状態で撮影しました♪っと言わんばかりの力の抜けた写真にかなり照れ・・・いや、申し訳なさが(汗)折角選んでいただいたのだからもう少し見やすい写真に何で撮影しなかったんだろう・・・っと、反省(汗)

今度作った時に写真を差し替えておきます。


それにしても、世の中溢れ返るレシピサイトの中でよくぞ見つけてくださった!!!っと有難い気持ちです。感謝いたします。

コメント

名前

(主菜)牛肉,2,(主菜)魚・はんぺん,14,(主菜)鶏肉,14,(主菜)豆腐・おから・大豆,18,(主菜)豚肉,9,(副菜)おつまみ・小さなおかず,63,オーブントースター調理,55,おすすめ,8,おでかけ,55,お菓子,70,お知らせ,4,カイ君,58,ご飯もの,22,スープ&ジュース,6,その他のレシピ,31,パン,19,ひき肉,11,ブログ作りの知恵袋,2,徒然日記,21,暮らしのコラム,3,麺類,22,
ltr
item
銀木食堂のごはん日記: 【保存版】作り置きもOK!フライパンでパパッと作る「きんぴらごぼう」
【保存版】作り置きもOK!フライパンでパパッと作る「きんぴらごぼう」
和食の定番・きんぴらごぼうの作り方を写真付きでご紹介しています。作りおきも出来るので便利ですよ。
https://3.bp.blogspot.com/-6bcSXYdPfHY/WyOm0zqYlPI/AAAAAAAAMOE/zg-sAKvOXr85xyk01YxowBpwN55s9Gx_wCLcBGAs/s640/%25E9%258A%2580%25E6%259C%25A8%25E3%2581%2595%25E3%2582%2593%25E3%2581%25A1%25E3%2581%25AE%25E3%2581%258D%25E3%2582%2593%25E3%2581%25B4%25E3%2582%2589%25EF%25BC%2588%25E6%25A8%25AA%25EF%25BC%2589.jpg
https://3.bp.blogspot.com/-6bcSXYdPfHY/WyOm0zqYlPI/AAAAAAAAMOE/zg-sAKvOXr85xyk01YxowBpwN55s9Gx_wCLcBGAs/s72-c/%25E9%258A%2580%25E6%259C%25A8%25E3%2581%2595%25E3%2582%2593%25E3%2581%25A1%25E3%2581%25AE%25E3%2581%258D%25E3%2582%2593%25E3%2581%25B4%25E3%2582%2589%25EF%25BC%2588%25E6%25A8%25AA%25EF%25BC%2589.jpg
銀木食堂のごはん日記
https://www.ginmoku.com/2018/06/blog-post_193.html
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/2018/06/blog-post_193.html
true
3305132313241742419
UTF-8
全ての投稿がロードされました 記事が見つかりませんでした 全てを見る もっと読む 返信 返信をキャンセル 削除 By ホーム ページ 投稿 全てを見る あなたにおすすめ ラベル アーカイブ SEARCH 全ての投稿 お探しの記事は見つかりませんでした ホームに戻る Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago フォロワー フォロー THIS PREMIUM CONTENT IS LOCKED STEP 1: Share. STEP 2: Click the link you shared to unlock コードを全てコピー 全てのコードを選択 全てのコードはクリップボードにコピーされました Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy