$hide=404-mobile

石川県一人旅【金沢市】金沢城公園・兼六園を散策後は銭湯へ行こう!

2017年9月27日(水)~30日(土)に人生初の石川県へ濃すぎる1泊4日の旅行記です。
金沢駅から”黄金セット”を活用して前田利家公と正室・お松の方を祀る「尾山神社」へ行き、参拝を済ませた後は、徒歩で行ける「金沢城公園・兼六園」へ行きました。もちろん、バスを使っても行けますが、バスの待ち時間などを考えると徒歩行ったほうが断然早いです。
その際、金沢広坂合同庁舎前を通り、金沢城公園の「玉泉院丸口」から入ります。


黄金セットとは、この二つ!金沢市内観光に大活躍!!
北鉄バス一日フリー乗車券」については北陸鉄道株式会社のサイトでチェック!
神アプリこと「北鉄時刻表アプリ」はダウンロードして損はなし!android版・iPhone版両方ありますよ。





【この記事の目的地までの移動時間・料金など】

(時間・料金などは旅行した当時のものになります)



【尾山神社~金沢城公園・兼六園】
徒歩・・・移動時間:約15分

【広坂・21世紀美術館~兼六園下・金沢城】
北陸鉄道バス(路線バス)・・・移動時間:約5分 片道:200円

【小将町~金沢駅】
北陸鉄道バス(路線バス)・・・移動時間:約25分 片道:200円

【金沢駅(西口)~バスタ新宿】
夜行高速バス・・・移動時間:約7時間45分 片道:6,700円


がついているものは「北鉄バス一日フリー乗車券(1枚500円)」を購入して利用したので、乗車時には現金支払いはしていません。表示している料金は、チケットを使わずに現金で支払った場合の金額をご参考までに表示しました。


金沢城公園へ行こう! 旅行3日目

 「尾山神社」から徒歩数分で「金沢城公園」の玉泉院丸口へ到着。とてもとても見事な庭園に思わず足を止めてしまいました♪こちらの案内所でガイドマップをいただいていよいよ入城です♫金沢城公園は一部を除いてほぼ無料で入れるので有難いです。
玉泉院丸庭園
玉泉院丸庭園周辺は勾配がかなりありますが、ここを通り過ぎると後はわりと平地になっています。車いすの方も散策できるように整備されているので気配りが凄いです。

[post_ads]

橋爪門

橋爪門

橋爪門
ずんずん進んでいくと、「橋爪門」に到着。二の丸の正門になります。この周辺には有料ではありますが、見学できるところが多々あるので結構人で賑わってます。基本、金沢城公園は無料で散策できるので嬉しいですね。・・・っていうより、本当に無料でいいんでしょうか?(苦笑)

これだけの施設を維持するのに無料って信じられないくらいです。太っ腹~!っといいたい所ですが、これも加賀の国の懐の広さというものでしょうか。いやはや、本当に有難い。

菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓

絵になる風景ですね。こちは菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓。こちらの中が有料ゾーン。
テレビの特集でもよく言われますが、左右の屋根の向きが違うのも面白いですね。

石川門

石川門

石川門
こちらの案内所で日本100名城のスタンプがありますが、他にも記念スタンプとかありました。受付の方にお聞きしたら、結構この日だけでも100名城のスタンプを押しに来られているんだとか。同じ趣味の方々にお会いしてみたいなぁ・・・。


こちらの門を潜ると、金沢城公園は終わりです。ブログではサクッとご紹介してますが、実際はかなり広大で28.5haもあるそうです。とにかく広いので歩きやすいスニーカーがおススメですよ。見所は建物だけでなくて石垣も面白かったです。あと、スマホを使った探索もあるのでかなり面白いし勉強にもなりました。こういう場所が身近にあるといいなぁ。


金沢城公園」の詳細は公式サイトでチェック!
スマホを使った探索「金沢城ARアプリ」はかなり面白い上に楽しみながら勉強になります!

兼六園へ行こう!

 道路を挟んで兼六園へ移動です。
兼六園
この先に案内所と売店などがあります。金箔ソフトが1,000円で驚きました(苦笑)本当に金箔が貼ってあって眩しい(笑)市内の金箔を扱うお店でも金箔ソフトが食べれるようなので、今回は兼六園の方は混んでいたこともあってスルーしました。

兼六園は有料です。しかし・・・310円。どれだけ懐が深い街なんでしょうか、金沢っていう所は(苦笑)有難いです。
金沢城公園の石川門案内所の方にお聞きしたのですが、こちらの「桂坂口」でも観光用の記念スタンプが置いてあるそうですが、窓口の方に言わないと出していないそうです。

兼六園
この風景!テレビでも見かける兼六園の代表的な場所ですよね、こちら。圧倒的に皆さん立ち止まって写真撮影などしているので人が写っていないこの1枚はかなりレアかも(苦笑)そして私も自撮りしちゃいました♪♪
日本人よりも海外の方がとても多いので場所確保は気合が必要(笑)

根上松

根上松
兼六園も相当広いんですが、私が一番好きな場所を見つけました。圧倒的な存在感を感じますが、根っこは地上2メートルまでせり上がっているとのこと。根っこが地中から出ていても松って大丈夫なんですね。知りませんでしたよ、私(汗)

「兼六園」の詳細は公式サイトをチェック!

金澤神社

兼六園に隣接するかのようにある「金澤神社」。
金澤神社
ここまでくると、結構歩き疲れてきてて本殿の写真を撮るの忘れました(汗)歩いたわ~。「金澤神社」を参拝してひと休みをしていたのですが、ちょっと気になるものを見つけたので行ってみました。そのお陰で(?)金澤神社の御朱印をいただくのをうっかり忘れてしまったんですが、こちらの御朱印は金箔を貼ってくださるそうです。くぅ~!残念!今度参拝に伺った時には是非!

金城霊沢

金城霊沢
そして、気になるものはこちら。「金城霊沢」。神社の境内(階段を下りたところ)にありますが、兼六園の賑わいとは対照的に、人影もほとんどなく静かな場所です。柵に囲まれてて何やら神秘的な雰囲気が。金沢の地名の由来になった場所みたいです。

金城霊沢
こちらが柵に囲まれた霊沢。湧き水ですが、ビックリするくらい透き通ってて吸い込まれそうな透明度です。
私の住む静岡県にも「柿田川湧水」という、湧き水がありますが、そちらと同じくらい透明度があって引き込まれそうな感じです。ここで20分くらい過ごしちゃいました(笑)

金箔ソフトは一度は食べたい!

ひと通り散策も終わったのですが、”次の場所“に行くにはまだ早いので、神社の横を通っている広坂を下ってみることにしました。
廣坂
歩き疲れていたけれど、金澤霊沢でリフレッシュできたので軽い気持ちで坂道を下ってみました。意外と距離のある坂道(苦笑)長い!バス使えば良かった!・・・って思ったものの、広坂交差点までくると結構人が多くて賑やか♪石浦神社は若い女性が多くて全体的にピンクなイメージ(笑)

っと、ここで目に入ったのが「今井金箔広坂店」の看板。金箔ソフトの文字が!折角なので、今度はいただきました!!
金箔ソフト
こんなに眩しいソフトクリームは見たことがありません!しかもお値段500円!先程の兼六園の売店より安いですね♪やったー!お店に入って行く人は、大概この金箔ソフトがお目当て(笑)お店の外では皆さん金箔ソフトを頬張ってます。金箔自体に味はありませんが、疲れた体に程よい甘さのソフトクリームは最高に美味しかったです。
金沢でのいい思い出ができました♪

みろく温泉 元湯

この夜に夜行高速バスで東京へ戻るので、一日歩いて汗もかいたので銭湯に向かいました。路線バスで銭湯の最寄りにある「小将町」バス停へ移動したいところでしたが、兼六園近くの「石川県観光物産館」にも立ち寄りたかったので、「兼六園下・金沢城」で下車して寄り道しました。もちろん、黄金セット使用です。(笑)

「石川県観光物産館」は、石川県のお土産や工芸などの体験ができるとても楽しい商業施設です。ただ、到着した時刻が営業時間が終わる間際だったのでゆっくりと見てまわることはできませんでしたが、やっぱり金沢って美味しいものが沢山で目移りしちゃいますね(笑)

石川県観光物産館」の詳細は公式サイトでチェック!

物産館を後にして、「小将町」にある銭湯・みろく温泉元湯へ向かいます!
実は、鶴来から金沢に戻ってきて荷物を駅のロッカーに預けた時に着替えなどをリュックに入れて一日持ち歩いていました。重いかなぁっと思いましたが、リュックだと案外重く感じなかったです。広坂から一旦駅に戻って着替えを取りに行くという手もありましたが、めんどくさがり屋の私なので持ち歩くことにしました。


国道159号線沿いにある銭湯「みろく温泉元湯」は、併設している「みろく温泉接骨院」の看板を探した方が見つけやすいです。
みろく温泉元湯
「小将町」バス停からすぐにある「みろく温泉 元湯」です。銭湯ですが、温泉を使っているとのこと。入口は白い建物の接骨院の下をくぐった奥にあります。通りからは入り口が見えにくいので通りすぎないように気をつけてください。

みろく温泉元湯
このレトロ感漂う銭湯ののれんってなぜかホッとさせてくれる不思議さがあります(笑)

みろく温泉元湯
日帰り温泉とかはよく行きますが、銭湯って生まれて初めてなので楽しみにしてました。のれんをくぐった右側に券売機があるので、発券して中へ入ります。下駄箱は今どき珍しい鍵ロッカー。そして脱衣所も。いい意味でレトロ感が漂ってます。利用している層を見ると、ご近所さんばかりなようです。(年齢層も高め)

サウナもあるので嬉しいです。疲れた体に染み込む温泉が心地よいです。まさか銭湯で温泉とは驚きですよね。しかも兼六園からすぐの場所に!いいなぁ、金沢。時間制限がないのも銭湯の良い所ですよね♪

内風呂とサウナのみですが、内風呂は3つに分かれててジェットバスなどあります。
こちらの温泉は塩化物・炭酸水素塩泉(モール泉)の泉質ですが、モール泉って聞き慣れない名前ですよね。モール泉とは、植物由来の有機物が溶け込んでいる泉質のことで、温泉に褐色や黒色など色がついているのが特徴なんだそうです。
銭湯の隣にはコインランドリーもあるので、タオルを乾かすことが出来ました。

みろく温泉 元湯」の詳細は公式サイトでチェック!

銭湯を後にし、「小将町」バス停から「金沢駅」まで戻り、夕食を駅ビルに入っている飲食店で済ませました。
ちなみに、お土産はすでに購入済で金沢駅の「金沢百番街」の「あんと」「Rint」で購入して、そのまままとめて宅急便サービスがあるので利用しました。その時の段ボール箱が”ひゃくまんさん”など、金沢をイメージしたとても素敵な柄でこういうちょっとしたことでもこだわりのあるところって素晴らしいって思いましたよ♪

さようなら、金沢!また来るよ!!

夜の金沢駅


昼間、明るい太陽の下で見るのも圧巻されましたが、ライトアップされたものを見るのもこれまた見応えがありますね。

郵太郎

「郵太郎」です。駅西口にある郵便ポスト(笑)最初見た時は置物だけかと思ってましたが、ちゃんとポスト口もあります。

さ、石川県ともお別れです。旅行日程は短かったとは思いますが、あっちこっち沢山見て回れて充実度は高い旅行でした。また来たいな。
金沢駅西口からバスタ新宿へ夜行高速バスで帰ります。


コメント

$hide=mobile

名前

(主菜)牛肉,2,(主菜)魚・はんぺん,14,(主菜)鶏肉,15,(主菜)豆腐・おから・大豆,19,(主菜)豚肉,8,(副菜)おつまみ・小さなおかず,61,オーブントースター調理,56,おすすめ,6,おでかけ,56,お菓子,71,お知らせ,4,カイ君,53,ご飯もの,24,スープ&ジュース,6,その他のレシピ,32,パン,19,ひき肉,11,ブログ作りの知恵袋,2,徒然日記,21,暮らしのコラム,5,麺類,22,
ltr
item
銀木食堂のごはん日記: 石川県一人旅【金沢市】金沢城公園・兼六園を散策後は銭湯へ行こう!
石川県一人旅【金沢市】金沢城公園・兼六園を散策後は銭湯へ行こう!
金沢城公園と兼六園へ行きました。ビックリするくらい広い敷地ですが、見応えがあります。 金箔ソフトも食べ、銭湯だけど温泉のみろく温泉元湯にも立ち寄り、新宿へ戻ります。
https://1.bp.blogspot.com/-Bv4a1_DqA0c/WeFuuU8KSQI/AAAAAAAAG-A/hQjB4wknNuk2eHLqlQjBK_y2Guux1RA0gCEwYBhgL/s640/CIMG7595.jpg
https://1.bp.blogspot.com/-Bv4a1_DqA0c/WeFuuU8KSQI/AAAAAAAAG-A/hQjB4wknNuk2eHLqlQjBK_y2Guux1RA0gCEwYBhgL/s72-c/CIMG7595.jpg
銀木食堂のごはん日記
https://www.ginmoku.com/2017/10/35.html
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/
https://www.ginmoku.com/2017/10/35.html
true
3305132313241742419
UTF-8
全ての投稿がロードされました 記事が見つかりませんでした 全てを見る もっと読む 返信 返信をキャンセル 削除 By ホーム ページ 投稿 全てを見る あなたにおすすめ ラベル アーカイブ SEARCH 全ての投稿 お探しの記事は見つかりませんでした ホームに戻る Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago フォロワー フォロー THIS PREMIUM CONTENT IS LOCKED STEP 1: Share. STEP 2: Click the link you shared to unlock コードを全てコピー 全てのコードを選択 全てのコードはクリップボードにコピーされました Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy